最中を語る|京都・京和菓子老舗 幸福堂の伝統菓子はご進物・お祝い菓子にも最適です。

最中を語る

TOP > 最中を語る

和菓子の歴史をたどると中国より遣唐使が持ち帰った唐菓子や、鎌倉時代に栄西禅師が持ち帰って伝えたお茶とともに広がった点心などから発展したものも少なくありませんが、最中は日本の歴史が作った伝統ぶかい和菓子です。

最中(もなか)名前の由来

平安時代に撰進(せんしん)されたとされる『拾遺和歌集』(しゅういわかしゅう)で
源順(みなもとのしたごう)が詠んだ一句。

池の面に照る月なみを数ふれば今宵ぞ秋のもなかなりける

宮中で行われたお月見の宴に集まった公家達が、この句に詠まれている月と宴にだされた白くて丸い餅菓子とをかさねて「もなかの月」と名付けたといわれています。
「もなかの月」とは陰暦十五夜の月(中秋の名月)のことで満月を意味します。

最中の歴史

江戸時代中期に吉原の煎餅屋「竹村伊勢」で、もち粉を水でこねたものを焼き、
円く切りそろえたものに砂糖をかけた干菓子を「最中の月」と呼び売られていました。
今の最中種(最中の皮)に甘味をつけたようなものです。

その後「最中の月」に餡を挟んだ「最中饅頭」が出るようになり明治時代以降には、
色々なかたちの最中が考案されて現在の「最中」に続いています。

この最中饅頭は、『江戸買物独案内』(えどかいものひとりあんない)という江戸時代に
出版された江戸内での買い物や飲食関連の商店を紹介するガイドブックのような本に

・日本橋通三丁目の御菓子所「吉川福安」に「元祖最中饅頭」
日本橋東中通川瀬石町の御菓子所「林屋善助」にも「最中饅頭」

と記載され紹介されています。

幸福堂のこだわりどころ

こだわりの材料

最中種(滋賀県羽二重もち米)
産地証明


最中種(最中の皮)

最高級もち米として全国的にも有名な「滋賀羽二重もち」というもち米を使っています。
このもち米は、JA甲賀郡管内で栽培され、農産物検査を受けたもち米です。

餡(丹波大納言小豆)産地証明

最中餡

風味豊かで大粒の小豆のなかで最も高級とされる「丹波大納言小豆」を使っています。
「大納言小豆 」はその昔、幕府や京都御所にも献上されていました。
煮ても腹の割れないこの小豆を、当時殿中で抜刀しても切腹しないですむ「大納言」という官職から「大納言小豆」と呼ばれるようになったと言われています。

丹波大納言は小豆の国内生産量からみても収穫量が少なく希少価値の高い小豆です。
その中でも、京都府産にこだわり厳選された丹波大納言小豆を使用しています。

特徴としては

  • 一粒一粒が大きくて、形・色つやが美しい
  • 煮ても腹が割れにくいので、小豆本来の旨味をにがさない
  • 深い甘味があり、口に広がる風味が豊かです。
  • 皮は薄いのに肉厚で食べたときの口当たりがよい。

こだわりのぎぼし最中

♪京の五条の橋の上〜

と歌われるように牛若丸と弁慶のお話で昔からよく知られている五条大橋は、
その昔平安時代に清水寺へ向かう参道として、今の松原橋に架けられていました。
天正18年(安土桃山時代)に豊臣秀吉が行った京都の都市改造計画の一環で、
方広寺への参道として伏見との交通の便を図るとともに京外への出入り口とするために、
下流の六条坊門通につけ替えられ、呼び名もそのまま五条橋となりました。

この五条大橋には擬宝珠(ぎぼし)と呼ばれる高欄の柱の上に設けられる丸くて
先のとがったネギの花に似た飾りが14個つけられています。
そのぎぼしをかたどり「ぎぼし最中」を謹製いたしました。
創業明治元年、初代花川幸二郎が考案した餡の製法を百数十年たった今に受け継ぎ、
今では熟達した職人が、選りすぐった丹波大納言小豆を心をこめて練り上げております。

明治時代の五条大橋

明治時代の五条大橋

牛若丸と弁慶

牛若丸と弁慶

現在の五条大橋

現在の五条大橋

▲ページのトップに戻る

お買い物はこちら